RSS
トップページマイページカートを見るお問合せ

全製品試験データ

ハイエスト テスト


ハイエストの細菌・ウイルスへの有効性

 試験菌   5秒   1分 試験機関
  大腸菌  日本食品分析センター
  緑膿菌  日本食品分析センター
  黄色ブドウ球菌  日本食品分析センター
  MASA  日本食品分析センター
  白癬菌  日本食品分析センター
  セラチア NT  中央微生物研究所
  サルモネラ菌 NT  中央微生物研究所
  腸炎ビブリオ NT  中央微生物研究所
  O-157 NT  中央微生物研究所
  セレウス NT  中央微生物研究所
  表皮ブドウ球菌 NT  中央微生物研究所
  カンピロバクタ― NT  日本食品分析センター

※ + :菌が死滅せず  − :菌が死滅した  NT :試験を行っていない

  試験ウイルス 1分  試験機関
  インフルエンザ   接触直後に不活化  三菱化学BCL
  鳥インフルエンザ H5N1 H7N7      不活化  北海道大学
  SARS      不活化  長崎大学

 ※ 不活化 : 感染力が無い


ハイエストと日局エタノールの大腸菌殺菌力持続性比較テスト

ハイエスト 大腸菌 テスト

環境衛生薬品

※大腸菌に接触5分後、日局エタールは大腸菌が増え始め、2時間後にはシャーレいっぱいに増殖した。ハイエストは2時間後も大腸菌の増殖は見られず、日局エタノールよりも殺菌力の持続性があることがわかった。


ハイエストの持続性と安全性

グローブ・ジュース法による実使用実験

ハイエストまたは80vol%エタノール噴霧のいずれによっても、流水洗浄した手指から検出される細菌数がさらに約1/10〜1/20に減少した。この事実は、ハイエストが手指の細菌に対して80vol%エタノールとほぼ同等の殺菌能力をもつことを示している。

噴霧1時間後および3時間後の結果と比較すると、15例中12例において、80vol%エタノールの場合は細菌数の増加がみられたが、ハイエストを噴霧した場合は、細菌数の変動はみられなかった(下図に代表例3例を示す)。これらの事実から、ハイエスト噴霧は80vol%エタノール噴霧よりも持続的な殺菌効果をもっているものと考えられる。

手指の皮膚組織に対しては傷害性の低い薬剤であることが窺われた。

ハイエストと80%エタノールの噴霧による手指の細菌数の変動 

ハイエスト コロニー テスト

                                大阪大学医学部保健学科(土井義胤教授)   

※ハイエストは80%エタノールとほぼ同等の殺菌能力を持ち、さらに持続的な殺菌効果を持っていることが示された。 


ハイエストF テスト 

ハイエストFの細菌への有効性

 試験菌

5秒   1分 試験機関
  大腸菌  日本食品分析センター
  緑膿菌  日本食品分析センター
  黄色ブドウ球菌  日本食品分析センター
  MASA  日本食品分析センター
  白癬菌  日本食品分析センター
  カンピロバクタ― NT  日本食品分析センター
  セラチア NT  中央微生物研究所
  サルモネラ菌 NT  中央微生物研究所
  腸炎ビブリオ NT  中央微生物研究所
  O-157 NT  中央微生物研究所
  セレウス NT  中央微生物研究所
  表皮ブドウ球菌 NT  中央微生物研究所

             ※ + :菌が死滅せず  − :菌が死滅した  NT :試験を行っていない


リバルス テスト


リバルスの細菌・ウイルスへの有効性

試験菌  5秒  30秒  1分  3分  5分  試験機関
  O-157  ―  ―  NT  NT  NT  中央微生物研究所
  サルモネラ  ―  ―  NT  NT  NT  中央微生物研究所
  セレウス  ―  ―  NT  NT  NT  中央微生物研究所
  腸炎ビブリオ  ―  ―  NT  NT  NT  中央微生物研究所
  レジオネラ  NT  NT  ―  NT  NT  中央微生物研究所
  結核菌  NT  NT  NT  NT  ―  阪大医学部
  MRSA  NT  ―  NT  NT  NT  阪大医学部
  黄色ブドウ球菌  NT  ―  NT  NT  NT  阪大医学部
  大腸菌  NT  ―  NT  NT  NT  阪大医学部
  緑膿菌  NT  ―  NT  NT  NT  阪大医学部
  白癬菌 (80倍希釈)  ―  阪大医学部

                   ※ + :菌が死滅せず  − :菌が死滅した  NT :試験を行っていない

試験菌  5秒  30秒  1分  3分  5分 試験機関
  鳥インフルエンザ  NT  NT 不活化  NT  NT  北大獣医研
  インフルエンザ    接触直後に感染価が1/10に低下  三菱化学BCL
  SARA  NT  NT 不活化  NT  NT  長崎大学
  ノロウイルス(ヒト由来)  NT  NT  NT 不活化  NT  バイオビジョン

                                                 ※ 不活化 : 感染力が無い

病院内の床拭きとり実使用試験

病院にてリバルスと他社の薬液を使用し、床の拭き取り試験を行った。リバルスは他社品よりも細菌への効力があることがみてとれた。また、リバルスは24時間経過後も細菌数の増加がみられず持続的な抗菌効果を持っていると考えられる。

リバルス 拭き取り テスト
 

 リバルスの持続性

リバルス 持続力 テスト                                                

 武田病院臨床検査部

 リバルスの安全性

 リバルスの毒性は非常に弱い

  LD50   10%液   ラット経口   ≧2000mg/kg
  眼粘膜刺激性実験   0.2%液   ウサギ   刺激性認めず
  皮膚感作性   10%液   モルモット   感作性認めず
  皮膚一次刺激性実験   0.2%液   ヒト   刺激性認めず

生活科学研究所

マスク テスト


濡れマスクの細菌・ウイルスへの有効性、 持続性、安全性

上記リバルスを参照 (濡れマスクの主成分はリバルスです)

濡れマスク 塵捕集効率

試験項目

試験結果 試験方法
通気性 (cm3/cm2/s) 1.0 JIS L 1096 A 法 **
塵捕集効率(%)

 0.3㎛以上 0.5㎛未満 66.3

 下記参照*

 試料面風速:52.0cm/sec

 測定試料面積:9.08cm2

 測定面(上流側):添付資料の

 表側**

 粒子計測器:Met One A2400B

 吸引量:1ft3/min(28.3L/min)

 0.5㎛以上 1㎛未満 87.9

  1㎛以上 5㎛未満

98.1
  5㎛以上 10㎛未満 99.8
  10㎛以上 25㎛未満 100

 ** 本体とカバーの3枚重ねで試験に供した

花粉・ウイルスの大きさ

アレルゲンになる花粉の大きさ
㎛ 
  ブタクサ  18〜20 
  オオブタクサ 18〜20
  カナムグラ 22〜26
  ヨモギ 25〜28
  イチョウ 25〜30
  クヌギ 30〜40
  スギ 30〜40
  ヒノキ 30〜45
  イネ科 30〜50
  アカマツ 45〜55
ウイルスの大きさ
㎛ 
 一般的なウイルス  0.02 〜0.3
 インフルエンザウイルス  0.11
 コロナウイルス 
 (SARSなど)
 0.1  〜0.105
 麻疹ウイルス(はしか)  0.125〜0.25

 ムンプスウイルス
 (流行性耳下腺炎)

 0.125〜0.25

1㎛(マイクロメートル)=0.001mm

※濡れマスクは10マイクロメートル以上の粒子を捕集すると試験結果がでているので左表の花粉は100%通しません。

銅イオン テスト


銅イオンの浄化剤効果データ

   初発   12時間後   24時間後   1週間後
  大腸菌
  黄色ブドウ球菌
  レジオネラ菌
  腸炎ビブリオ
  一般生菌

                                        +:菌が死滅せず  ―:菌が死滅した

                                                 (株)中央微生物研究所